『スタンド』について

『スタンド』のルール(原作基準)

  • スタンドは一人につき一体
  • スタンドを見ることができるのはスタンド使いだけ
  • スタンドに触る事が出来るのはスタンドだけ
  • スタンドは本体の意思によって動く
  • スタンドが傷つけば本体も傷つく
  • 本体から離れて行動できる距離に限界がある
  • スタンドは特殊な能力を一つ持つ
  • スタンドは成長する

『スタンド』一般に関する定義(注:あくまで当掲示板内における解釈)

『スタンド』と『非スタンド』

  • 原則として、『スタンド』は『非スタンド』から一切の干渉を受けない。ただし、『実体化スタンド』の場合はその限りではない。
  • 『スタンド』による『非スタンド』への干渉は、それが『能動的』なものでない限り不可能。
  • すなわち、攻撃の受けて側に防御の意志が無いとき、『非スタンド』の攻撃は『スタンド』を『透過』する。
     ただし、一部の『防御力』それ自体が能力に含まれる『スタンド』はその限りではない。(例:『シアー・ハートアタック』)
  • 『スタンド』による意識的な『透過』は、それが『能力』でない限りは不可能。
    よって、『壁抜け』や『見えない壁の向こう側に発現』といった行為は不可能。
  • 『非スタンド』による攻撃が『スタンド』の防御力を圧倒的に上回っていた場合、
    『非スタンド』の攻撃が『スタンド防御』を突き抜けて到達する可能性がある。
     ただし、それによって『スタンド』が実質的なダメージを受けたり、本体にダメージがフィードバックされるということはない。

『実体化スタンド』とは?

  • 『実体化スタンド』とは、文字通り『実体化』した『スタンド』である。
    『実体化スタンド』は、『非スタンド使い』にも見えるし触れる。
  • このとき、必ずしも『スタンド』が他の物質と融合している必要はない。

『スタンド物質』とは?

  • 『スタンド物質』とは、『スタンド』にダメージを与えられる物質を指す。
    例として、『法皇の緑』の『エメラルドスプラッシュ』や、『スティッキー・フィンガーズ』の『ジッパー』。
    また、『セックス・ピストルズ』の操作する『弾丸』も『スタンド物質』化していると解釈可能。
  • 『スタンド物質』への干渉の可否は、『スタンド』の場合と同様 『実体化』しているか否かによる。

『スタンド』の発現と解除

  • 『スタンド』の『発現』や『解除』は、たとえ遠距離型であっても『本体』のすぐ傍でなければならない。
    ただし、『本体が視界に収めた、ある物体に憑依するように発現する』、
    『憑依した物体が破壊された場合、解除される』など例外はある。

『スタンド』の拘束と『本体』の拘束

  • 『スタンド』が相手の能力などによって身動きの取れない場合、『本体』は動いたり、『スタンド』を『解除』することができない。
    ただし、『完全自立型』の場合など例外はある。
  • 『本体』が拘束されている場合でも、『スタンド』は自由に動かせる。
    ただし、相手の能力の種類などにより例外はある。

『スタンド』の『能力値』について

  • 『スタンド』の各能力値は『A~E』『なし』『∞』で表される。
  • 『スタンド』の能力値は、あくまで『相対基準』。
    『A>B>C>D>E』以上のことは言えないし、その差も工夫次第で乗り越えられる程度のものである。

【各能力値のおおよその目安】

  • 『破壊力』
    • A:コンクリの壁を一撃で破壊
    • B:コンクリの壁を数発で破壊
    • C:人間並み(成人男性~プロボクサーまでピンキリ?)
    • D:華奢な女性~子供並み
    • E:赤子並み~それ以下
  • 『スピード』
    • A:新幹線並み
    • B:自動車並み
    • C:人間並み(成人男性~プロボクサー?) 
    • D:老人並み
    • E:亀並み~それ以下
  • 『射程距離』
    • A:50m~
    • B:10~50m
    • C:5~10m
    • D:2~5m
    • E:1~2m
  • 『精密動作性』
    • A:飛ぶハエを箸で掴める
    • B:飛ぶハエを指で掴める
    • C:飛ぶハエを手で潰せる 
    • D:止まったハエを手で潰せるかも
    • E:ハエを潰そうとしてテーブル壊す
  • 『持続力』(能力の持続力の場合)
    • A:半永久的
    • B:数時間~数日以上
    • C:数分~数十分
    • D:数秒~数十秒
    • E:一瞬

『成長性』は割愛。

  • Q.『銃弾』を防御できるスピードは?
    A.『銃弾』は、『皇帝』の数値を参考に『破スBB』として扱う。
      よって、正面からの銃撃であれば『破スBB』あればガード可能。
      また、弾丸を『摘む』ためにはこれに加えて『精密動作性A』程度のスペックが必要。
  • Q.でも銃弾のスピードは時速1000kmオーバーですよ?
    A.考えるな、感じろ。
  • 『スタンド会話』の可否
    同種族同士であればヴィジョンの形状に関わらず『スタンド会話』は可能。
    ただし便利すぎる使い方は『非推奨』。
  • スタンドの投擲スピードとパワーの関係
    原則的にスタンドの能力値と同等に扱う。

パワー・精密動作性・射程距離について

※これはあくまで大雑把な目安、参考程度のものです。原作の基準とも違います。
疑問があるときはこれに沿って解釈せず、自スタの詳細は各供与者にお尋ねください。

表作成:一葉『エヴァークリア』PL
パワー
∞=地球割ります
A=自動車に衝突されたぐらい
B=150~200km/hの硬球によるデッドボール 弾丸
C=素手による殴打
D=濡れ手ぬぐいによる殴打
E=乾燥した手ぬぐいによる殴打

 
精密動作性
∞=原子単位での調節可能
A=両手に持った箸で、悠々小豆をつまめる   片手で針に楽に糸を通せる
B=両手に持った箸で、なんとかつまめる    片手で針になんとか糸を通せる
C=片手に持った箸で、まあつまめる      両手を使ってまあ糸を(略
D=片手に持った箸で、あんまりつまめない   両手を使っても時間がかかる
E=両手を使って箸をもって、なんとかつまめる 糸がほつれて断念

 
射程距離
∞=文字通り
A=~100m以上、ピンキリ。各スタンドによるので供与者に聞いてください
B=~50m
C=~10m
D=~5m
E=2m以下 体内とか